なりたい自分を目指す「キャリアパス」とは?|大人女子を満喫するWoopo

毎日の仕事を続けていると「このまま同じ仕事をこなすだけでいいのかな…」と不安になるものです。
特に「これからの人生へ向けて最善の選択をしたい!」と前向きに生きている人ほど、今後のキャリアが気になるのではないでしょうか?
今回は、なりたい自分を目指す「キャリアパス」についてご紹介します。

キャリアパスとは

キャリアパス(Career Path)は直訳すればキャリアの道、つまり「キャリアを得るための道」を指します。
目指すキャリアやポジションをつかむためには、どんなステップや経験が必要か、どんな道をたどれば到達できるかを知っておくべきですよね?
つまりキャリアパスは「なりたい自分を目指す」ための道筋そのもの!
キャリアパスがはっきりすることで、自分が目指している仕事が実現しやすくなり、結果的に仕事への満足度も高まりますよ。

キャリアパスの立て方

企業の中で理想的なキャリアパスを立てるためには、次の3つのポイントが重要です。
・キャリアのゴールを設定する
・自分の適性を知る
・転職市場での自分自身の価値を意識する
それぞれについて詳しくご紹介しましょう。

・キャリアのゴールを設定する
まず目指すべきゴールを設定することから、キャリアパス作りを始めましょう。
キャリアのゴール設定とは、自分自身が「こうありたい」と望む姿を考えるということ。
自分らしい人生、自分らしい価値観で決めることが大切ですよ!

・自分の業務について適性を知る
自分自身がやりがいを感じるのは、どんな業務にあたっているときでしょうか?
そんな視点から自分を見つめ直すと、自分の業務適性が明確になってきます。
実現しやすいキャリアパスは、自分の強みやモチベーションがどこにあるかを知ることで作成できるのです。

・転職市場での自分自身の価値を意識する
そして、同業他社や関連する職種の求人から、必要なスキルや職務経験をリサーチしましょう。
「自分が目指すキャリアには、一般的にどんなスキルが求められ、どんな職務経験が必要なんだろう」ということが把握でき、やるべきことが明確になりますよ。

以上3つのポイントを整理していくと、自分にとっての理想的なキャリアパスが見えてきます。
さらに仕事を始めてから今までのキャリアを図にまとめ、ビジュアル化するとキャリアパスがより明確になるので取り組んでみてください。

このように日々の業務に留まらず、現状のキャリアを把握し目標を明確にして自分のキャリアパスを立てておけば、必要なスキルアップや資格取得などに効率的に取り組むことができます。
総合的な視点から自分のキャリアを考えてキャリアパスを作り、なりたい自分になって充実した人生を歩みましょう!