見どころ満載!宮古島のオススメ観光スポット3選|大人女子を満喫するWoopo

海が美しい沖縄県でも屈指のリゾート地である宮古島。
そんな宮古島には、ぜひ行ってほしい観光スポットがたくさんあります。
今回は宮古島のオススメ観光スポットをいくつかご紹介しましょう!

砂山ビーチ

宮古島も町の中心地から車で10分程のところにある、穴の開いた岩を特徴に持つ砂山ビーチ。
ビーチの入り口に石の看板が設置されており、そこからしばらく歩くとビーチが見えてきますよ。
海へ向かう歩道は草木が多い茂り壁のようになっており、まるで秘境探検を楽しんでいる気分になるはず。
ひらけた場所に出る瞬間、コバルトブルーの海に感動することでしょう。
白い砂浜と美しい青空のコントラスト、さらに自然の力を感じられる穴の開いた岩の姿は写真映え抜群ですよ。
砂浜や海はとてもきれいに整備されていますが、特殊地形をしているため波の激しさが変化しやすい傾向にあります。
海難事故を起こす可能性が高いので、波が荒い日は海に入らないようにしましょう。
また、サメやハブクラゲの目撃もあるので、安全を確認した上で入り、砂浜から離れない距離で遊ぶようにしてくださいね。

八重干瀬

宮古島の北方5~15kmの海に生息するサンゴ礁群で、人気のシュノーケリング・ダイビングスポットが八重干瀬です。
日本最大のサンゴ礁群で、まるでグレートバリアリーフを彷彿させるような美しさです。
海の透明度から船の上からでもサンゴ礁が透けて見え、見渡す限りあたり一面に広がっていますよ
海は波も小さくとても穏やかな海域では、水中に潜ると色鮮やかなサンゴがお花畑のように敷き詰められている光景を見ることができます。
体験ダイビングでは、インストラクターの指導の下で水深12メートルまで潜ることができ、クマノミやブダイなどの魚たち、運がいいとウミガメに会えます。

通り池

宮古島から海の上の伊良部大橋を渡った伊良部島にある通り池は、ユナイタマ(人魚)伝説が残る池です。
陸側と海側にある2つの池を総称して「通り池」と言い、2つの池が地下でつながっていることからその名が付きました。
陸側の池は一見するとただの青い池なのでしょうが、どこか神秘的な雰囲気を感じられ、海側は静かに細波が立ち、見ていると心がスッと洗われていきますよ。
通り池はダイビングの聖地としても知られていて、海から巨大な海底トンネルを通っていける他、船底がガラスになっているグラスボートで池の中の生物を観察することができます。

宮古島のおすすめ観光スポットについてご紹介してきましたが、気になったところや行ってみたいところはありましたか?
他にも見所は満載ですが、悩んだ時はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。
宮古島は池間島と伊良部島は橋でつながっているので、併せて回ってみるのも良いですよ。