着太りしないためには?ダウンの細見え&おしゃれコーデ術|大人女子を満喫するWoopo

寒い冬に大活躍するダウンジャケットやダウンコート。
暖かく秋冬に最適なアウターですが、重ね着する時期なのでなんだか太って見えると悩む方は多いでは?
またカジュアル感が増し、おしゃれに着こなせないと悩む人もいるでしょう。
そこで今回は、ダウンを着ても細く見せるおしゃれなコーデ術をご紹介していきます!

ショート丈ダウンの時はドロップショルダー&すっきりしたボトムスで

ショート丈のダウンはボトムスとのバランスが取れやすいため、着回ししやすいアイテム。
しかし性別や年齢問わず着用しやすいアイテムなので、他の人と同じようなコーデになりがちですよね。
そんな方におすすめのアイテムは、ドロップショルダーのダウン。
ドロップショルダーのダウンは袖の付き方が他のダウンと少し違い、肩の部分が太く袖口の部分が細くなっているものが多いため、こなれ感を出せることが特徴です。
また、足長効果のあるすっきりとしたAラインのスカートや膝上丈のタイトスカート、ウエストの位置が高いパンツと合わせると着やせ効果が期待できますよ。

ダウンコートは目線を上にして同系色でまとめて

ロング丈のダウンコートは、モコモコとした一般的なダウンに丈が長いので着太りして見えます。
そんなダウンコートでも目線を上に持っていけばボリューム感が強調されず、すっきりとまとめられます。
目線を上に持っていくためには、顔周りを華やかにしてくれるファーがフードについたタイプや帽子をプラスするといいですよ。
またダウンと同系色のワントーンコーデでまとめると、こなれ感がUPすると同時に着やせ効果もあります。
ダウンコートの時は、極力スカートではなくパンツタイプがベスト。
どうしてもスカートを履きたいときは、ロングスカートか膝下のミモレ丈スカートがおすすめです。

ダウンベストは色をなじませて

少し暖かい日にはダウンベストが活用できますよね。
しかしアイテム単体ではカジュアル感が強く、活発でやんちゃなアウトドアコーデになりがち。
特にフードやファーがついているダウンベストは、女性らしさが失われるので避けた方が良いです。
女性らしさを出したコーデにする場合は、ベストと同系色でコーデするとベストが浮きにくいのでおすすめです。
注意してほしいのがベストと同じような質感の服を選ばないこと!
ベストと似た質感の服で合わせると安っぽく見えてしまうため、違う質感の封を選びましょう。
また、ワンピースをダウンベストの下に着る際は、ロング丈が似合いますよ。

ダウンも工夫次第でおしゃれで着やせ効果のある着こなし方が可能です。
すっきりと着たいかたは、ご紹介したコーデを参考にしてみてください!