50代の不倫・浮気相手に多い男性のタイプ|大人女子を満喫するWoopo

不倫を絶つことのできない50代男性は、とにかく惚れやすい・女性が大好きな恋愛体質な人です。
ここでは不倫・浮気相手に多い男性のタイプについてご紹介します。

 

落ち着いていても寂しがり屋

男性は50代に突入すると男性のテストステロン値はどんどん減少し、男性らしさが損なわれていきます。
パートナーとの夫婦生活もすっかり冷めきってしまい、夫婦間が不仲になることも…。
それとは反対に社会的地位は高くなり、経営者や役員という重役な立場になる人も多くなっていきますよね。
そうなると自分の子どもが自立していれば、家族の中ではとても孤独な存在になってしまうことでしょう。
寂しくなり人との関わりを強く求めるので、若い女性にお金を払って愛人のような関係に持ち込む男性も少なくありません。
やり場のない寂しさからお金のないフリーターや大学生に手を出すこともあるかもしれませんね。
でも、50代の男性は心の底から浮気相手や不倫相手を好きになることはないというのが大きな特徴です。
反対に相手の女性が熱を上げたとしても、平然と別れを告げることが多いのがこの年代です。

 

お金に余裕があってオシャレ

50代の男性であれば、ファッションに興味もなくなりお酒や趣味につぎ込む人がほとんどですが、浮気や不倫関係を持っている男性は例外です。
女性と秘密の関係を続けるにはそれなりのお金がなければ成り立ちません。
デート代やホテル代、関係をつなぎとめるためのプレゼント代も必要です。
経済的に余裕があると、自分の持ち物やファッションにもお金をかけることができますよね。
浮気や不倫をする男性は、パートナー以外の女性からよく思われたいという気持ちが強いので、特に身だしなみには気を使います。
浮気や不倫関係にあたる女性の趣味や好きなファッションに寄せたり、ブームにのっかっている髪型を真似するなどナルシストな部分も持っている人だったりします。
個性的なファッションや独自のスタイルを持っている人は、信念が強く頑固な人が多いので浮気や不倫に走る人も少ないですよね。

 

「妻と離婚する」が口癖

50代の男性の場合、確かにパートナーと本当にうまくいってないケースがほとんどですが、口癖のように「一番好きなのは○○」「離婚したら結婚しよう」と言ってきます。
このセリフは、本音ではなく不倫相手が不安にならないようにするための愛情表現です。
男性側は今さら熟年離婚するつもりもないので、間に受けてしまわないように注意してくださいね!
既婚男性は、独身男性よりもとにかくオーバーなくらい愛情表現が大袈裟なのですから…。

関連記事