『睡眠』で得られる美容効果、質を高めた睡眠にするには?|大人女子を満喫するWoopo

眠ってから3時間程度で、美肌になれる成長ホルモンが生成されると聞いたことはありますか?
その効果をしっかりと得るためには、質の高い睡眠が必要になります。
今回は、美容効果を得るために睡眠の質を高める方法を紹介します。

 

睡眠は奥が深い!

美容効果を得るためには、ただ寝るだけではいけません。
質の良い睡眠をするための環境を整える必要があります。
寝る直前までパソコンやスマホなどの画面を眺めていると、脳が休まないままになっているで、深い睡眠が難しくなります。
寝る1時間くらい前には部屋の照明を暗くし、パソコンやスマホを止めてみましょう。
そうすることで、メラトニンというホルモンが分泌されやすくなるので、脳も睡眠に入る準備が整います。
また、就寝中は血流が増加してお肌の調子を整えてくれるので、眼尻や口の周りなど敏感な部分にたっぷりと美容液を塗って寝るのも美肌への近道になります。

 

質の高い睡眠のポイント

成長ホルモンが分泌され、美肌の手助けをしてくれる就寝中。
質の高い睡眠にするためにはいくつか意識したいポイントがあるので、紹介します。

・のどの渇きにはノンカフェインのハーブティー!
コーヒーや紅茶にはカフェインが含まれています。
カフェインは脳を刺激し覚醒状態にしてしまうので、20時以降は極力控えるようにしましょう。
寝る前に喉が渇いた場合は、ホットミルクやノンカフェインのハーブティーがオススメです。

・アロマオイルを使おう!
アロマオイルを焚くと、香りが部屋に広がり、リラックスできます。
ラベンダー、カモミール、マンダリンなどは睡眠を促すオイルとして使われることが多いので、なかなか寝付けない人は試してみてはいかがでしょうか。

・難しめの本を読んで頭を使う
難しい本を読むことで、脳は安定するために休もうとします。
就寝前に難しい本を読むと、脳がだんだんと休む方向に変化し、寝つきが良くなると言えるでしょう。
この時にマンガ本を読むのは逆効果になってしまうのでNGです。

・ストレッチや軽めのヨガを実践
息が上がらない程度のストレッチやヨガで体温が少し上がり、体温が下がり始める頃に布団に入ると、入眠しやすくなります。
この時に息が上がるほどの運動をしてしまうと逆効果になってしまうので気をつけましょう。

 

眠ってから3時間程度はお肌のゴールデンタイムです。
これを逃さないためには、上記のようなポイントに注意することが重要になります。
質の高い睡眠をとり、お肌のゴールデンタイムで得られる恩恵をフルに活かしましょう!